システムテスト自動化カンファレンス2017に行ってきました

タイトルそのまま!システムテスト自動化カンファレンス2017に行ってきました!
これです。
Toggetter:https://togetter.com/li/1092249

テスト系のカンファレンスは少ない(印象)ので、見つけた瞬間飛びつきました。
何年か続いているカンファレンスのようで。
一般公演とハンズオン(体験学習)に分かれていたので、今回はハンズオンの方に参加しました。
一般公演のスライド公開全力で待ってます。



◇ ハンズオンの内容 - キーワード駆動による自動テストの環境を作ってみよう

キーワード駆動型テストって?
 - テスト対象の操作内容までテストスクリプトに記載して、操作するテスト
  テキストファイルやExcelに操作内容を書けばテスト実行できるので、作りやすさと保守性が増すよ!

今回のハンズオンでは事前にテストコードが用意されていて、「テキストファイルの変更だけで様々なテストケースのテストが実行ができる」ということを体感できる内容になっていました。
※一部PowerShellでのコーディング有


- システムテストの設計例(汚いよ)

個人的におおー!と思ったところだったので、お絵かきしてみました。
システムテストの設計一例
上から順番に

 - テストスクリプト(講義中ではテストコードという名称でした)
   - テキストファイルとかExcelファイルにテストの手順が記述されたもの
 - テストランナー
   - テスト実行前のフォルダ作成~実行~結果吐き出しまで共通の処理をまとめたもの
    テスト実行時に必ず行う操作なんかもここに入れると、スクリプトがすっきりするよ!
 - キーワード駆動機能
   - スクリプトに記載されている操作内容を見て、エンジンのGUI操作機能と紐づけて操作してくれるところ
 - テストエンジン
   - GUI操作部分、コントロールに振られているNameとかからGUIを操作してくれるいい奴

何が感動したって、他人が考えたシステムテストの設計にちょこっとでも触れられたことです。
人生経験未熟マンな自分にとっては中々貴重な体験でした。


- ハンズオンのふりかえり

4時間もない中で、テストケース作ってみたり、PowerShellのコードを複写したり、システムの設計についての話を聞いたりと盛りだくさんでした。
ちゃんと動くので勝手にできたような気になってしまいますが、そこはやっぱりコード読んで復習したいと思います。
コード・ハンズオン資料共に公開されているので、興味のある方はコード使って実際に資料をなぞってみるといいと思います。
ハンズオン資料:https://www.slideshare.net/koido1961/0306-72861888
コード:https://keyworddriventesttutorial.codeplex.com/

また、キーワード駆動の操作をどこまで共通化するかとか、画面ごとにクラス作るのは正直作成コスト厳しいとかいう問題結構ありそうです…。この辺はテストの対象に合わせて自分で考えていかなきゃやっぱりだめみたいですね…。

というわけで学んだこと
・システム自動テストの設計の一例を学べた
・PowerShellというスクリプト言語を(複写で)記述できた
・講師の方と少しだけお話できた

今後やること
・コードの復習(特にテストエンジン部分のコードは作成済みでほとんど見ていないので要確認)
ソフトウェアテストの設計についてもっと知る

言ったからにはやります!以上!




まじめな話ばっかりで疲れたので、ここで今日の落書き。

rakugaki.jpg

リハビリが必要だ…。



◇ 一般公演 - AutomationTest.SSF-beta2- 自動化アーキテクチャにまつわるスキル

正直私にはレベルが高すぎてなんじゃらほいでしたが、なんとかわかりそうな部分もあったので、今後の自分のとっかかりになることを期待して載せておきます。

AutomationTest.SSFって?
 - テスト自動化スキル標準のこと
  自立した学習の指標にできるように、テスト自動化のスキル標準を定めてるそう

スキルのカテゴリは4つ
① テスト自動化システム関連の管理
② テスト自動化戦略の策定
③ システムの開発
④ ケースの実行

自動化では何が必要なの?
 - テスト結果が必要な理由の理解(何を動作保証すべきか?何を確認すべきなのか?)
 - テストに何が求められているかを認知する
 - ステークホルダーに活動が必要だとわかってもらえる力
(まだ他にも沢山あったけどメモ取れなかった)

ほとんどがマネージャークラスのスキルセットに見えましたが、実際エンジニアもわかってた方がいい事柄なんだろうなあ。
未来の私、がんばれ。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment